【初心者向け】在宅ワークに必要なツールはこの5つ!仕事の前に慣れておこう

SponsoredLink
ライター
SponsoredLink

在宅ワークを始める人はクライアントさんと迅速に確実に連絡をとるために、いくつかのツールを使いやりとりをすることになるでしょう。

そこで、在宅ワークでよく使うツールを5つ紹介します。

この記事はこれから在宅ワークを始める方・始めたばかりの方向けの記事です。

Chatworkは在宅ワーカーのコミュニケーションの基本!

SponsoredLink

チャットワーク(Chatwork)

Chatwork9割の在宅ワークで使用しています(私の場合)

Chatworkは、パソコン以外にもスマホやタブレットから同時に使用できます(LINEのように1つの端末でしかログインができないということがない)

メッセージを受けとった時の通知は、パソコン・スマホ・タブレット全て同時に届くのでパソコンの前にいなくても何か連絡があったときはすぐにスマホで見ることができるので便利。

もちろんファイル添付可能、グループチャットも可能で、ChatWorkLiveではビデオ通話、音声通話、画面共有もできるので研修や面接で使用しています。

クラウドワークスでは契約をしたあとのメッセージのやりとりはチャットワークで行う場合が多くあります。

「在宅ワークをしたい!」と思ったら、パソコンとスマホにチャットワークの導入を!

スカイプ(Skype)

Skypeは言わずと知れたチャットツールですね。

Chatworkを使用しないところはSkypeを使っていることが多いです。

私が個人的にChatworkよりSkypeの方が「いいな」と思う点は、

  • 音声テストが簡単にできる
  • webカメラのテストが簡単にできる

という点です。

チャットワークでビデオ面談する前に、念のためスカイプの音声テストでちゃんとマイクやカメラが使えているかを確認しています。

Googleスプレッドシート/ドキュメント

パソコンで使用する場合、GoogleスプレッドシートGoogleドキュメントはインストールする必要がなくブラウザで使用できます。

Excelと互換性があるのですが、書き込むとその場ですぐに上書きをされてしまうので、多くの人と共有していると、消してはいけないものを消してしまった場合はちょっと厄介です。

スプレッドシートは、同時に複数人で書き込みや修正などの作業ができる非常に便利なツール。

webライター、事務仕事、データ入力とさまざまな在宅ワークで使用するため、実務で使用する前に一度使用してみるのもよいでしょう。

OneDriveなどのオンラインストレージ

OneDrive登録はこちら

オンラインストレージとは、オンライン上にデータを格納し、そこからファイルを変更・コピー・修正・閲覧などができるサービスのこと。

共有設定をしなければ、個人のファイルにはアクセスが出来ない(=非公開)なので安心です。

私はパソコン内には保存せずにデータのほとんどをOneDriveに入れています。

ログインするだけでパソコン・スマホ・タブレットから見ることができるので外出先でもスマホからパソコンで編集したファイルが見ることができるので便利です。

万が一、パソコンが壊れてしまってもバックアップとしての機能も果たせるのでおすすめです。

OneDrive以外では、Dropbox・GoogleDriveなどがあります。

MicrosoftOfficeは必須。事務系するならPowerPointも

MicrosoftOfficeは「高すぎ!」と思う方も多いかも知れませんが、在宅ワークをするには必須ツールです。

私の周りでは最初の投資金額をケチっちゃってMicrosoftOfficeを入れていない人多いんです。

「入れておけばよかった」と思う人を何人も見てきました。

在宅ワークの求人の募集要項に「Microsoft Word・Excel必須」と記載されていることもあります。

事務アシスタントやデータ入力(クラウドワークスで募集しているビズアシスタントがこれに該当)でもPowerPointを使えるかも選考の基準になる項目がありました。

ビスアシスタント以外の事務の仕事でも、トライアルでPowerPointで資料を作ってくださいということも。

パソコンを購入する際にインストールをしてもらうのが手間もかからないですし、比較的お安くすみます。

注意する点は、

  • Office Personal(Word・Excel・Outlookの3点)
  • Home Office & business(Word・Excel・Outlook・PowerPointの4点)

どちらかを選ぶことになると思うのですが、PowerPointの有無をしっかりと考えた上で選びましょう。約5,000円前後の違いです。

必要なのはツールをつかいこなすこと、それと早いレスポンス

いずれにしてもクライアントからの連絡は、早いレスポンスを心がけましょう。

家事・育児、もしくは兼業の場合はなかなか返事ができないこともあります。

忙しいからといって返事を後回しにするのではなく、

  • 今忙しいのであとで返信します(一応内容は確認してもらえたとわかる)
  • ○時頃に改めて返信します(具体的だと印象が良いですよね)
  • ○○なので今すぐ返信できません(子どもの送迎・お昼寝から起きる 等)

と、すぐに内容について返信ができなくても「あとで返信をするという旨」を報告するだけでも印象が良いですよね。

レスポンスの早さや、対応の仕方で昇給・案件を振られやすくなるということも実際にあります。

慣れない間は難しく、操作に迷うかもしれませんが仕事をしながら使用していると、自然と慣れてくるので大丈夫ですよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ 

ランキングに参加しています。よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました