【2019年9月】在宅ワーカーの収入は?

SponsoredLink
収入・報酬
SponsoredLink

在宅ワーカーとしての生活も少しずつ慣れてきた9月。

8月は前職の収入もあったのでかなり助かりましたが、9月の収入はなかなか厳しい!

派遣バイト給料1日分が私の月収でした…

SponsoredLink

9月前半:トライアルを受ける日々

9月の前半は8月末に引き続きトライアルを受けながら、少しずつライティングの仕事を覚えていった時期です。

クライアントからのフィードバックを頂きながら、ほかのトライアルを受けながら、家事もしながら…という生活でした。

当たり前ですが在宅ワーカーの選考基準は主に「トライアルのクオリティ」重視です。

トライアルのクオリティ=現在の実力です。

落ちたり受かったり落ちたり…の繰り返しです。

9月後半:少しずつ仕事を頂けるように

9月後半に入ってからほとんど仕事に時間を費やすようになりました。

3社のライティングをしつつ時給の事務仕事をしながら、たまに依頼のくるテープ起こしをしていました。

全く仕事をしない日というのはなく、外出をした日でも早朝や帰宅してから見出しの構成だけを作ったり、画像選定だけしたり…。

仕事をしないとちょっと不安な気持ちに。

「仕事をしない=収入が無い」ですから、常に自分にムチ打つ日々です。

在宅ワークの収入は?

今月は在宅ワークの収入のみ!前職の給料は無し!

A社 ライティング ¥5,600
B社 事務仕事 ¥2,400
合計 \8,000

※端数切り捨て

9月の収入=8月に働いた分・トライアル分ですね。

そのため8,000円というさみしい金額です。

9月分のさまざまな支払いは、とりあえず口座の残高で今月もクリア。

今は積み立てのお金は崩さず、普段お金を出し入れしている口座の残りのお金で生活をしています。

積み立てのお金を切り崩すようになったら、さすがに就職しようと考えています。

既に諦めた仕事も

9月はライティング、事務仕事、テープ起こしなどいろいろなことに手を付けすぎて仕事が回らなくなって大変でした。

特に大変だったのが、とある会社のライティング。

  • かなりの量の画像選定
  • 記事単価とかかる時間が釣り合わない

という理由で、ライティングを1社諦めました。時給にすると200円程度

とにかくルールの縛りが多く苦痛でした。

このライティングで苦痛な思いをするくらいならスパッと辞めて、別の会社の記事のクオリティを上げて書いていった方が良いと判断。

結果、この会社のライティングは諦めて良かったです。

記事単価の高い仕事がしたい

在宅ライターの皆さんが執筆している記事は、文字単価・記事単価はいくらくらいですか?

クラウドワークス、ランサーズ、シュフティなどのクラウドソーシングサイトに掲載される求人の文字単価0.3円~0.5円くらいです。

私はあまり文字単価の仕事はしていなくてほとんど記事単価の仕事をしているのですが、やっぱり文字単価1円以上はほしいです。

私はまだ在宅でのライターを初めて2ヶ月程度の初心者なので「こんなものだ」と思っていますが。

今はまず「1つの記事のクオリティを上げること」を頑張って、半年後には単価アップを狙って行きます!

ブログの更新頻度を上げたい

このブログでは、

  • 在宅ワーカー初心者
  • 在宅ワークを初めてみたい人
  • 在宅ワーカーのリアルな部分
  • 在宅ワーカーのためになる情報

などを執筆していますが、なかなか仕事が忙しく更新できないことも。

今年中には「GoogleAdSense」合格を目指しているのですがGoogleに認められず不合格が続いています。

とにかくブログの更新頻度を上げて、在宅ワークでの出来事、在宅ワークを初めてみたい人に有益な情報を伝えたいと思っています。

また10月末に「10月の収入」というタイトルで更新するので、ぜひ見てくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ 

ランキングに参加しています。よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました