【2019年10月】在宅ワーカーの収入は?在宅ワークで月10万円の収入を得る方法

SponsoredLink
収入・報酬
SponsoredLink

在宅ワークをはじめて3ヶ月目の2019年10月。月初めからガンガン仕事をこなしていきました。

10月時点で、収入の主軸は「事務仕事」です。ライターの仕事は、ボリュームでいうと3~4割くらいです。テープ起こしは1割に満たないくらい。

基本的に支払いは翌月のため、10月の収入=9月に働いた収入です。

在宅ワークで安定した収入を得るなら、事務仕事をしよう!

SponsoredLink

10月から本格的に在宅の事務仕事をスタート

ライターより収入が安定している事務仕事は、Word・Excel・お客様メールやチャットワークのやりとりが慣れている人にとっては、とてもおすすめの在宅ワークです。

8月・9月に安定した仕事を見つけるため、5社くらい事務仕事をメインにした在宅ワークの求人に応募をしていました。

書類審査通過、面接まではいくのですが、なかなか採用にならず…。やっと9月中に採用してもらいました。

9月中はトライアルとして、面談を行いながら実務を行っていましたが、10月から本格的に仕事をするようになりました。

私がしている事務仕事は時給制です。

ライターの仕事もしており、ライティングに充てる時間を確保するために、毎日3~4時間の稼働です。

在宅ワークの収入は?

10月に得た収入がこちら。

A社 ライティング ¥22,000
B社 事務仕事 ¥38,000
C社 ライティング ¥5,500
合計 ¥65,500

クラウドワークスの報酬は見出金のため、収入へカウントしていません。

早く出金して自分の口座に振り込みたいのですが、ジャパンネット銀行を使用しており手数料が高いため、まとまった金額になってから出金します。

9月に働いた分の収入ですが、9月は在宅ワークをはじめて2ヶ月目に60,000円を超えたのは「悪くないな」というのが自分の評価です。

12月の収入から10万円を超えるはず

11月の収入=10月(今月)働いた分で、ざっくり計算をしても、源泉徴収されると10万円を切ってしまいます。

11月から本格的にライティングを始める案件があるので、そちらの収入が多くなる予定なので、12月から収入が月10万円を超えると予想しています。

在宅ワークで月10万円を稼ぐ方法

webデザインや翻訳など専門的な仕事であれば、さらに稼げるでしょう。

私のようにスキルほぼ0の方が、在宅ワークで月10万円を稼ぐ方法。

「安定した事務仕事を取り入れる」これが一番の近道です。

次の収入の壁は、月15万円ですね。

月15万円を稼ぐためには、月10万円を稼ぐ努力の3倍以上が必要になるでしょう。

別コンテンツを立ち上げたい

いろいろな記事をライティングするにあたって、さまざまなジャンルのブログやコンテンツをチェックしています。

個人が運営しているもの、会社が運営しているもの、たくさんのジャンルのコンテンツを見ていると「いつか自分でこんなサイト(ブログ)を立ち上げたい!」と思うようになりました。

自分が得意なことをどんどんライティングして、ユーザーに気に入られるようなコンテンツを作っていきたいです。

毎月手取り20万円ないとダメな人はスキルほぼ0で在宅ワークは難しい

私の場合は、なんとか月10~12万円の収入があれば生活できるのですが、一人暮らしをしている方や、趣味で出費が多い人、ローンがある人は、スキルほぼ0で在宅ワークは難しいかもしれません。

実家暮らし・同棲・ほかに収入があったり、月20万円くらいの収入がなくても問題無い方はには、「無駄なストレスを抱えず好きなことを仕事にできる」という大きなメリットを感じられるでしょう。

過去2ヶ月の8月・9月の収入は?

【2019年8月】在宅ワーカーの収入は?

【2019年9月】在宅ワーカーの収入は?

上記の記事で、在宅ワークをはじめたばかりのリアルな収入をかいています。

これから在宅ワークを初めてみようと思う方が「在宅ワークはすぐには食べていけない」という現実に向き合うのもいいかもしれません。

良い意味でも、悪い意味でも、実際の収入を知ることはあなたの役に立つかも。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました