【2019年11月】在宅ワーカーの収入は?はじめての月10万円突破!

SponsoredLink
収入・報酬
SponsoredLink

この記事では11月の収入=10月に働いた分の給料を書いています。

10月はライティングと事務仕事を同時に本格的に始めた時期でとにかくパソコンの前でワタワタ。

週2~3回はビデオ通話でミーティングなどを行っていました。

その甲斐あってついに11月分の収入が10万円突破!

11月分の収入の詳細を書いているので、参考にしていただければと思います。

スキルほぼ0でも在宅で月10万円の収入達成!

SponsoredLink

彼氏と別れてから仕事に集中できた(残念ですが)

私ごとで大変恐縮ですが…彼氏と別れました。

そのため会う機会も減ったことで、在宅ワークにとても集中できることができました!

という残念でどうでもいい情報です。

彼氏は車で10分のところに済んでいるため、週3日程度会っていました。

その時間を全て仕事に充てているのでとても仕事が捗ります。

頻繁なLINEや電話もないのでその分仕事に集中できています。

在宅ワークの収入は?

2019年11月に得た収入はこちら。

A社 ライティング ¥22,000
B社 事務仕事 ¥73,000
C社 ライティング ¥7,500
D社 テープ起こし ¥1,500
合計 ¥104,000

11月の収入(振込)=10月分の仕事です。

在宅ワークを始めて3ヶ月。

やっと月10万円の収入を得ることができました!

在宅ワークをしてみたいという方!

私のようなほぼスキル0の人間でも月10万円を得ることができました。

ちょっと夢がありませんか?とはいえほぼ事務仕事での収入ですが…。

ライティング月35本で3万円弱

10月の合計執筆数は35本でした。

A社のライティングはスラスラと毎日2本は執筆できる記事単価が安いもの。

C社のライティングはじっくりとリサーチしながら書く記事単価は高いもの。

いろいろなジャンルの記事について書くのはとても楽しいですね。

クラウドワークス支払いのものは、自分の口座に振込していないのでカウントしていません。

事務仕事は月70時間程度

月70時間程度少しずつ日々小分けにして働いていました。

webライターを名乗りたいのに事務仕事が多くて、なんとも言えない気持ちですね。

でも今の私は事務仕事が収入のメインなのでしばらく続けていこうと思っています。

このままいけば月10万円の収入は安定かも

事務仕事は比較的安定した収入が得られるので、この仕事が無くならない限りは月10万円の収入は安定する予感。

ライティングはいつ打ち切りがあるかわからないし、少し不安なところはあります。

1万円でも収入が増えるように、12月2日に単発ライティングの仕事に応募しました。

これが合格すれば12月の仕事が増える…!

もっとほかのジャンルとかほかのクライアントの元で仕事がしてみたいですね。

webライターに専念するか悩むところ

先ほど「事務仕事が収入のメイン」と言いましたが、本当にやりたい仕事はwebライターなので、事務仕事を辞めてしまおうか悩んでいます。

大きな収入なので辞めてしまうとかなろイタイのですがこのままでは私は、在宅バックオフィスワーカーになってしまう…!

でもwebライターで7万円~8万円の収入をするのは大変そう。

非常に悩むところです。

一応年末までに答えを出す予定ではあります。

メルカリで不要品も販売しています

在宅ワークを始めてから自宅にいる時間が長いため、自宅にある不要品をメルカリに出品しています。

たんすにしまっておいたライブグッズは定価よりも高い価格で売れるのでとても嬉しいですね。

メルカリの売上はまだ自分の口座に振り込んでいないので収入に入れていません。

在宅ワーカーさんはあいた時間でメルカリ出品するのはおすすめですね。

むしろ普段からメルカリを利用している方も多いと思いますが。

今後はせどりにも挑戦する予定です。

目指すは月15万円の収入だ!

月10万円の収入を超えたら次は月15万円を目指します!

あと5万円分を何で補うか…。

ライティングを増やすか、不要品販売・せどりで増やすか悩むところです。

2020年は月15万円の収入が安定するように頑張ります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

ランキングに参加しています。よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました