【2020年3月】在宅ワーカーの収入は?最高月収16万到達!

SponsoredLink
収入・報酬
SponsoredLink

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務やテレワーク、オンラインでの就活をしているが多くなっていますね。

某在宅ワーク求人サイトでは、2月と3月で登録数がかなり増えているそうです。

自粛で家にこもってスマホをするだけなら、在宅ワークや副業として収入を得るのも良い経験になり、働き方を考えるきっかけにもなるかもしれません。

2020年3月分の収入は16万円到達!3月分の活動を紹介しています。

SponsoredLink

2020年3月からはwebライターに専念

2020年2月の収入の記事でも触れているのですが、2月末で在宅事務の仕事を辞めたので、3月はwebライターの仕事を獲得するためにクラウドワークスと在宅ワーク求人サイトで応募しながら仕事をしていました。

在宅の事務仕事は、在宅ワークとはいえ待機している10時~17時までは基本的に待機をしたり仕事をしたりの繰り返し。

在宅ワーク最大のメリットである自由な時間というのがなく、収入は全体の大きな割合を占めていたのですが辞めてしまいました。

在宅ワークの収入は?

2020年3月の収入=2020年2月の仕事分です(基本的に翌月払い)

webライター 100,000円
一般事務 65,000円
合計 165,000円

2019年8月から在宅ワークをスタートして、初めてwebライターのみで月10万の収入になりました。

そして合計165,000円、初めて16万円以上の収入に…!

在宅事務の仕事をしながらもwebライターとして10万円分仕事ができたのは嬉しいです。

webライターの仕事は4社から受けていて、15,000円分の会社もあれば50,000円分の仕事をしている会社もあります。

4社すべて企業との業務委託契約でクラウドワークスやランサーズの仕事はしていません。

3月はwebライターの仕事探しに必死

3月中旬から下旬までwebライターの仕事をひたすら探していました。

在宅ワークを始めたころの2019年の8月、9月と同じようにテストライティングをしていたのですが、あの頃と比べて構成も中身もスラスラと書けている気がします。

半年もwebライターの仕事をしていると、スキルほぼ0だった私も1・2くらいは成長しているのかもしれません…ライティングしながら少しだけ嬉しかった瞬間です。

今のところ新型コロナウイルスの影響は大きくなさそう?

2020年3月下旬時点では、在宅ワーカーの私自身新型コロナウイルスによる仕事の影響は一件だけでした。

2月末にクラウドワークスから受けたライティングの長期案件が1件中断…それ以外は普通に契約が切れることなく仕事を受けています。

育児や雑記、主婦向けのキュレーションサイトでは仕事が増えていそうな予感です。

除菌の方法や子どもとの過ごし方、室内でできる遊びやオンライン学習などの需要が高まっているので、それらに関する記事作成は需要が高まっているような気がします。

自粛をしていると必然的にパソコンやスマホを使用する時間も増えて、それにともない調べごとをする人も増えているのではないでしょうか。

4月、5月からは仕事に影響がでるかもしれません…が、とりあえず目の前の仕事を頑張るのみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

ランキングに参加しています。よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました