副業は在宅ワークを選ぼう!パソコン1台でできるおすすめの仕事3選

SponsoredLink
在宅ワーク
SponsoredLink

「本業の残業時間が減ったから、そのぶん給料が減った…」

「副業したいけど、なかなか時間がとれない…

という方は、パソコンを使って、副業としての在宅ワークに挑戦してみるのがいいかもしれません。

 

アルバイト勤務となると、決まった時間に職場に行って、所定の時間働かなければいけませんが、在宅ワークであれば、

・1時間程度の空いた時間を利用できる
・アルバイト先までの往復時間が必要ない
・自分の好みやスキルに合った仕事を選べる

といったメリットがあり、頑張り次第では、アルバイト以上に稼げることもあります(もちろん楽に稼げるというワケではありません)

 

この記事では、副業の選択肢のひとつとして在宅ワークをしたい方向けに、パソコン1台でできる仕事について紹介します。

SponsoredLink

パソコンさえあれば仕事はできる

どの程度の作業をするのかにもよりますが、ブラウザでの入力作業やWord・Excelを使う程度であれば、高スペックなパソコンは必要ありません。

ネット環境さえあれば、パソコンを使った副業(在宅ワーク)をスタートすることができます。

 

在宅ワークというと少々ハードルが高いように感じるかもしれませんが、モノを揃えることやスキルアップといったことよりも、「難しそう、自分にはできない」と一歩踏み出せないという気持ちの問題のほうが大きいのです。

副業の在宅ワークの探し方・選び方

Googleで「副業」と検索すると、あなたが今いる地域のアルバイト情報が表示されるでしょう。

しかし、副業としての在宅ワークを探すのであれば、クラウドソーシングサイトで探すのがおすすめです。

副業としての在宅ワークの探し方・選び方について紹介します。

在宅ワークの仕事内容をチェック

副業として在宅ワークをするのであれば、クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサイトがおすすめで、このサイトで無理なくできる仕事を検索してみましょう。

クラウドソーシングサイトがおすすめな理由としては、企業と業務委託契約を結んだ「直接契約」の仕事は、平日の日中にクライアントと連絡するケースが多いため、本業がある人にとっては少々厳しい場合があるからです。

 

クラウドソーシングサイトで募集されている、副業向けの比較的簡単な仕事としては、

・webライティング(コラム・レビュー・ブログ・商品紹介など)
・webリサーチ(企業の情報収集など)
・データ入力、データ作成などのパソコンを使用した事務作業

このようなものがあるので、できそうなものから応募していきましょう。

応募の方法や仕事の始め方などの詳細は、以前に執筆したこちらの記事を参考にしてみてください。

■初心者必見!在宅ワークをするには何からはじめればいい?仕事スタートまでの5ステップ|スキルほぼ0からの在宅ワーク

今あるスキル・知識を生かせるものを選ぶ

・タイピングのスピードに自信がある→データ入力
・Excelで上級者レベルの関数が使える・マクロを組める→データ作成
・文章の執筆が得意、特定の知識がある→webライティング

といったように、今あるスキルを生かす、本業に近い仕事を選ぶのがおすすめです。

0から勉強して新しい仕事に挑戦するのは、仕事の効率としては悪くまとまった稼ぎになりにくいのが現実。

 

すぐに仕事を開始したい、できるだけ早く報酬を得たいのであれば、今あるスキルをアピールして応募すれば、仕事を獲得できるチャンスが大きくなるでしょう。

サクッと稼げるおすすめの副業3選

副業×在宅ワークに最適なクラウドワークス・ランサーズでたくさんの案件が募集されているなかでも、初心者におすすめの仕事を3つピックアップしてみました。

webライター

今回紹介する3つの仕事のなかで、時間を要する・ある程度のスキルが必要という要素を持ちますが、仕事に慣れればアルバイトと同じくらいの時給(700円~1,000円)は目指せます。

 

webライターの仕事は、ざっくりいうと育児やライフスタイルなどのwebメディアに掲載されている記事を書くお仕事です。

ただテーマに沿って文章を書いていくのではなく、文字の表記方法やルールなどに沿って書いていかなければならないため、個人のブログと同じような感覚でいてはNG。

 

多くの仕事は「テストライティング」という、実際の仕事を依頼する前のテストがあり、これを通過しなければ仕事が受けられません。

期限内に1記事~2記事納品して終了、という単発案件もあれば、週に2記事は納品が原則といった長期契約案件もあります。

いきなり3,000文字の記事を書くなんて不安だ~!

という方は、映画やドラマの感想、実際に自分が使ったことのある商品のレビューなどのタスク案件に挑戦してみるのもよいでしょう。

データ入力

タイピングのスピードに自信がある方は、データ入力に挑戦してみましょう。

 

私が経験したデータ入力の仕事は、クライアントから指定されたwebサイトへアクセスし、左に表示された画像の内容を、右の入力欄にひたすらタイピングしていくというもの。

そのときは、2時間~3時間程度作業して時給換算で約300円程度でした。

「時給300円とか激安!」と思うかもしれませんが、好きな音楽を聴きながら家でパソコンをぽちぽちして稼げると思えば、「こんなもんかな」と思えるかも?

アンケート回答

稼げる度合いでいえば、webライターやデータ入力よりも劣りますが、

・5分もあればできる仕事も多い
・仕事の休憩時間、電車での移動時間でもできる
・毎日コツコツ積み重ねれば月1万円稼げる
・スマホだけでも十分仕事ができる

といったメリットがあるので、休日にわざわざ副業のための時間を作りたくない人におすすめです。

コツコツ作業が苦手・できるだけたくさん稼ぎたいという人には不向きなので、アンケートを日々のルーティーンにできる方向けの仕事です。

 

アンケートは、スキルアップ・何かに生かせる仕事というものではなく、少しのお小遣いが稼げる簡単な副業の位置づけになります。

大きな報酬を得たい、上手くいけば在宅ワークで独立したいと考えている方は、別の在宅ワークに挑戦して、仕事をしながら勉強するのが効果的です。

規約違反・グレーな仕事は避ける

クラウドソーシングサイトを初めて利用する人は、規約違反やグレーの仕事がどのようなものであるかの判断をするのは難しいかもしれません。

グレーな仕事は最悪の場合、仕事をきちんと行ったのにもかかわらず報酬が支払われない、不必要な個人情報が抜き取られてしまうなどのリスクがあります。

 

わかりやすく規約違反・グレーな仕事の特徴を挙げると、

・仕事の契約前に個人情報を求めている、別サイトへの誘導をしている
・ネズミ講・マルチなどへの勧誘
・代理販売・代理購入・代理出品・代理登録など(フリマサイトの代理出品もNG)
・ステマの口コミ、レビューの投稿

といったもの。「もしかすると規約違反かも?」と思ったときは、条件のいい仕事であっても応募しないようにしてくださいね。

副業の所得が年間20万円以上になるなら確定申告が必須

■画像|会計ソフトfreee(フリー)より引用

副業として在宅ワークをする場合にも、所得が年間20万円を超えたときは確定申告をしなければいけません。

 

注意点としては、在宅ワークの場合は収入が20万円ではなく、所得が20万円ということ。

所得とは「売上から経費を差し引いたもののこと」なので、お仕事の報酬として20万円以上もらったということとイコールではないのです。

 

詳しくは、確定申告もできる会計ソフトfreee(フリー)のコラムで掲載されているサイトを参考にしてみてください。

【参考記事】副業で確定申告をしないといけないのはいくらから?|会計ソフトfreee(フリー)

本業に支障がでない範囲で働いてみよう

副業・在宅ワーク=楽ではありません。

楽というのは、アルバイトに比べて今あるスキルを生かしやすい、自宅で無理なくできるといった意味であり、顔が見えないからといって、適当な仕事や納期遅れは当然NGです。

 

登録はともかく、仕事への応募は少々緊張するものではありますが、応募して一通り作業して納品すると「こんなものか~」となるので、まずは自分にでもできそうな簡単な仕事からスタートしてみましょう。

最初はお金を稼ぐことよりも、在宅ワークはこんなモノという感覚を掴んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました