webライターになる方法と手順を超簡単に紹介します

SponsoredLink
ライター
SponsoredLink

InstagramやTwitterなどで、

「どうやってwebライターになったんですか?」

「webライターになるには何が必要ですか?」

というように、webライターのなり方・方法を聞かれることがあります。

webライターになる、webライターとして仕事をすることはとても簡単ですが、難しいのは、少しの時間でたくさん稼ぐこと。

webライターに必要なものはパソコンとスキルだけなので、ある意味ほかの仕事と変わらないかもしれません。

この記事では、超簡単にわかりやすくwebライターになる方法・手順・必要なモノを紹介します。

なる・名乗るは易し、稼ぐは難し
SponsoredLink

webライターになる方法

webライターになる・名乗る方法はとても簡単で、

  • クラウドワークスなどのサイトでwebライティングの仕事をする
  • 企業からwebライティングの仕事を受ける
  • webライターとして就職する

といった方法があります。

在宅ワークとしてのwebライターが多いため、特殊に感じるのかもしれませんがそんなことはないのです。

webライターというのは職種のひとつであって、資格がないと仕事ができないわけでもなければ、○万円以上稼がないとwebライターじゃないということはありません。

どのような雇用形態・副業であっても、どのような報酬であってもwebライティングの仕事をすれば、webライターと名乗っていいはず。

webライターになること、webライターとして名乗ることは誰でもできますが、難しいのは「webライターとしてたくさん稼ぐこと」なのです。

稼げるwebライターになるには

  • 人一倍の量の仕事を受注する
  • 文字単価の高い仕事を受注する(文字単価5円以上など)
  • 作業効率を高めて1日にできる仕事の量を増やす
  • 不動産・金融・医療などの専門的なジャンルの記事を書く

要するに、報酬の高い仕事をたくさん受けるということ。

結論からいえば簡単なのですが、ここに達するまでには、テーマに沿った専門的な知識とwebライティング技術、タイピングスピード、集中力などが必要です。

稼ぐために専門的な知識を身につけるのは非効率的なので(仕事しながら知識をつけるのがヨシ)、詳しいジャンルの記事をたくさん書いたほうが結果的に多く稼げます。

webライターが稼げる仕事を探す方法

転職サイトには「ハイクラスの求人のみ掲載」というものがありますが、webライターの仕事にはそのようなサイトはありません。

稼げる仕事を探す方法は、

  • Googleで「webライター 求人」「webライター 募集」で検索して高単価の仕事を探す
  • クラウドワークスで理想とする文字単価・記事単価の仕事を探す

普通のwebライターとしての求人を探すことと同じで、高単価のものだけに求人応募すればいいのです。

手数料が高い!低単価の仕事しかない!といった声の多いクラウドソーシングサイトにも、高単価の仕事はあります。

ですが、少しでも稼ぎたいのであれば、サービス利用手数料が差し引かれない、企業と直接業務委託を結ぶほうがいいかもしれません(ママワークスとか)

webライターになる手順

webライターになる・名乗るは簡単といいましたが、さらに噛み砕いて、webライターになる手順を超簡単に解説します。

①仕事に応募する

クラウドワークスでも、webライターを募集している企業でも、記事を書いてみたい!これならできる!と思う仕事に応募してみましょう。

求人に応募しただけで、すぐに仕事をくれるクライアントはいません。

基本的な流れとしては、クラウドソーシングサイト・企業問わず「テストライティング(記事を書く試験)」や面接があり、これに合格すれば採用になります。

ここで落ちてしまえば仕事を受注できないので、次の仕事に応募しましょう。

複数の企業に応募して、同時進行していくのがおすすめです。

②仕事を受注→納品→報酬ゲット

webライターとして採用されたら、クライアントの指示に従いつつ記事を執筆します。

納品してOKが出ればその仕事は完了で、報酬が振り込まれるはずです。

記事を書いてお金をもらったのであれば、webライターとしての仕事をしたわけで、webライターになったと思ってもいいはずです。

③webライターになれました

個人的な考えではありますが、webライターとしての仕事をして「次も仕事がしたい!」「webライターとして頑張りたい!」と思うのであれば、webライターと名乗ってもいいのではないでしょうか?

SNS上でwebライターと名乗るのが恥ずかしい、おこがましいと思うのであれば、

・初心者webライター
・駆け出しwebライター
・webライターのタマゴ

このように名乗っちゃえばいいんです(仕事応募時には初心者アピールはNGです)

そして「そろそろ自信がついてきた」と思うタイミングで、改めて「webライター」と名乗ればいいのです。

webライターに必要なモノ

結論からいうと、パソコンとやる気さえあれば始められます。

スキルや知識は、今あなたの頭のなかにある程度のもので問題ないはずです(よっぽどアレという方以外は)

なんだかんだ細かなことを言ってしまうと”超簡単な手順”じゃなくなってしまうのですが、ざっくりと以下の表でまとめます。

必要なモノ 手に入れる方法 値段
パソコン本体 ネット、家電量販店など 5万円~10万円程度でOK
・Microsoft Office
・ウイルス対策ソフト
・パソコン購入時に付属
・サブスク
・Office:3万円程度(永続)
・対策ソフト:3,000円/年
日本語スキル 本を読む、記事を書く、webニュースを読む ・基本無料
・中古本で十分
webライティングスキル 記事を書く、仕事のマニュアルを読み込む、Google検索 基本無料
SEOライティングスキル Google検索、セミナーに参加する 基本無料
セミナーは無料のものもある
リサーチ力 Google検索 基本無料

webライティングのスキルにしろ、SEOライティングのスキルにしろ、Googleで検索をすれば、まるで教科書のような無料の記事がたくさん出てきます。

書籍を読むのもいいのですが、Googleのアルゴリズムは、めまぐるしく変わるので、SEOに関してはwebで新しい情報を得たほうがいいかもしれません。

そして、必要なモノのなかで最も重要なのがリサーチ力です。

リサーチ力を身につける・高めることによって、

・記事を執筆するスピードが格段にアップする
・内容のある、濃い記事が書ける
・読者が本当に知りたいこと、実は知りたかったことが書ける(顕在ニーズ・潜在ニーズを満たせる)

要するに、短い時間で高クオリティの記事が書けるようになるのです。

今回の記事ではそれを省きますが、ぜひGoogleで「webライティング リサーチ」と検索して、リサーチ力アップに挑戦してみましょう。

お小遣い稼ぎの気持ちで気軽にスタートするのもあり

最初から本気で「webライターで稼ぐ!」ということに自信がないなら、クラウドワークスやランサーズなどで、500文字~1,000文字程度の軽めかつ単発のライティングに応募してみましょう。

「イケそうかも!」と思ったら、2,000文字3,000文字と増やしたり、月5本程度の中・長期契約に挑戦するのが、よい段階の踏み方といえます。

企業と業務委託契約を結んで仕事をする場合、基本的には長期契約なので、1・2ヶ月程度で「やっぱり合わないから辞めよう」というのは少し難しいかもしれません。

「たくさん稼ぐ!」という大きな夢は置いといて、まずはwebライターとして一歩踏み出してみるのが、webライターになる方法・手順ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました