【最新版】在宅ワークとは?新型コロナの時代だからこそ知っておきたい働き方

2020年は新型コロナの影響により、働き方に対する意識が大きく変わりました。

2021年を迎えてからもその状態は変わらず、より一層テレワークが推進され、国民ひとりひとりが働き方について考えるようになっています。

 

在宅ワークは、自宅でできる仕事なので、

  • コロナの影響で仕事探しに困っている人
  • 小さな子どもが家にいるので働きに出られない人
  • 収入が減って生活費の足しを作りたい人

このような人たちにとって、収入を得られるひとつの手段になります。

 

2021年現在の私の状況

  • 在宅ワーク2年目
  • 平均月収20万円(在宅ワークのみ)
  • メインの仕事はwebライター
  • 自宅やネカフェなど好きな場所で自由に仕事中

この私自身の経験も踏まえながら、在宅ワーク未経験者や超初心者に向けて、わかりやすく解説します!

そもそも「在宅ワーク」とは?

在宅ワークとは、自宅で行う仕事のことで、在宅ワークをしている人のことを「在宅ワーカー」といいます。

在宅ワークの雇用形態は、おもに「業務委託契約」となるため、企業に勤めるのではなく企業から仕事を受ける立場です。

 

似た言葉に、内職・在宅勤務がありますが、それぞれ若干違う意味を持ちます。ざっくり解説すると、以下のような違いがあります。

  • 在宅ワーク:企業勤めではない個人事業主によるパソコンを使った仕事
  • 内職:主婦などによる手作業の仕事
  • 在宅勤務:会社勤めをする人(企業と雇用契約を結んでいる正社員・派遣社員・アルバイト・パートなど)が自宅で勤務を行うこと

この記事で説明するのは、個人事業主・フリーランスによる在宅ワークについて紹介しています。

内職の仕事内容や求人を知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

在宅ワークと内職の違いは「仕事の種類」|自分に合う仕事を見つけて働こう!

在宅ワークの仕事の種類

在宅ワークのほとんどはパソコンを使用する仕事です。WordやExcelを使用してデータを作る仕事もあれば、YouTubeの動画編集など、幅広いジャンルの仕事が存在します。

在宅ワーク初心者にも挑戦しやすい、家でできる仕事はこちら。

  • データ入力、データ作成
  • アンケート、口コミ投稿
  • コールセンタースタッフ

 

在宅ワークの経験がなくても絵が描ける人なら、動画や記事に挿入するイラストレーターとして在宅ワークをするという手段もあります。

一見ハイレベルに見える在宅ワークですが、パソコンで文字を打つのが早くなくても、プログラミングができなくても、挑戦できる仕事はたくさんあるので安心してくださいね。

在宅ワーク初心者が知っておくべき5種類の仕事|求人の探し方も徹底解説!

在宅ワーカーになる方法

在宅ワーカーと名乗れる条件など、明確なものはありません。企業から仕事を受注して報酬を得ているなら、働く時間や稼いだお金はどうであれ在宅ワーカーです。

在宅ワーカーになる具体的な方法は、自宅でできる仕事に応募して、実際に作業をしてお金をもらうこと。

記事の後半では、在宅ワークの求人サイトの紹介と探す方法を詳しく説明しているので、そちらもチェックしてください。

在宅ワークのメリット・デメリット

在宅ワークというと、家で好きなように仕事できるイメージがありますが、デメリットも存在します。メリット・デメリットを踏まえたうえで、在宅ワークに挑戦するかを決めてもよいでしょう。

在宅ワークのメリット

在宅ワークのメリットはこちら。

  1. 通勤時間がないため有効に時間を使える
  2. 同僚や上司など他人によるストレスがない
  3. 室温など部屋の環境を自由にできる
  4. 病院、外出、子どものお迎え、トイレに行くタイミングなどが自由
  5. 頑張り次第では同年代の人の倍以上稼げる

私自身在宅ワークを始めてから、2~4つ目のストレスがなくなったことがとても幸せです。

周囲に気を遣いがち、小さな変化でストレスを感じる人にとって、かなり大きなメリットを実感できるでしょう。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークのデメリットはこちら。必ず頭に入れておきましょう。

  1. 収入が不安定なときもある(いきなり仕事が切られる可能性あり)
  2. 体調不良などで仕事ができないと収入0円
  3. 誘惑に弱い人はゲームやスマホを触って集中できない

特に収入が不安定なことは、かなり大きなデメリットです。企業勤めと違って「今月で打ち切りです」と宣言されることもあります。

在宅ワークに向いている人・向いていない人

正直なところ、性格で在宅ワークの向き・不向きは別れます。参考としてチェックしてみてください。

こんな人におすすめ

  • 主婦、子育て中のママ
  • 家族やペットを介護している人
  • 病気などの理由で外出や人が多い場所に行けない人

実際、在宅ワークをしている人には、主婦やママが多いです。SNSを見ると、子育てをしながら在宅ワークだけで20万円、30万円と稼いでいる人もいます。

「子育てをして忙しいから…」と諦める必要はありません。

性格・特徴的に向いている人

  • 自発性がある
  • 常に上を目指し勉強・スキルアップしている
  • 意志が強い
  • 孤独に強い
  • 計画性がある

在宅ワークに向いているのは、これらの性格や特徴に当てはまる人です。特に重要なのは、自発性があることです。

性格・特徴的に向いていない人

  • できない・やらない理由が先に浮かぶ
  • できないことはすぐに誰かに任せがち
  • 在宅ワークできる環境が整えられない

極端に言うと「楽をしたがりの人」は在宅ワークに向いていません。在宅ワークに向いている人・向いていない人については、以下の記事で詳細に説明しています。

「私に在宅ワークはできるかな?」と不安な方は、一度適正をチェックしてみてください。

在宅ワークに向いている人・向いていない人の性格!向き不向きで稼ぎが変わる?

在宅ワークを始めるには何が必要?

いざ「在宅ワークを始めよう!」と思ったら、まずは準備をしなければなりません。

ここでは、最低限必要なものを紹介します。それ以外のものは、必要だと感じたときに購入しましょう。

必須アイテム

極端な話、ネットに繋がったノートパソコン1台あればそれで十分です。パソコンには、WordとExcelが入っていればOK。ハイスペックじゃなくても、中程度であれば問題ありません。

ノートパソコンならwebカメラが内蔵されたものもあるので、web面接やビデオミーティングに参加できます。

その後必要に応じて、イヤホンやヘッドホンなどの機器を揃えつつ、仕事用の机やゲーミングチェアなど、快適に仕事をするためのアイテムを購入してもよいでしょう。

時間とやる気があれば大丈夫

どんなにハイスペックなパソコンを購入しても、働く時間とやる気がなければ稼げません。1日1時間程度しか時間がとれないなら、思うように稼げないかもしれません。

「絶対に稼いでやる」という強い気持ちと、週数回でもいいので、3時間以上まとまった時間を確保することが稼ぐポイントです。

資格は必要ない

在宅ワークに必須資格はありません。たとえば、お金について記事を書く仕事で「税理士ライター」を名乗るなら税理士の資格は必要ですが、特定の資格がないと仕事できないわけではありません。

在宅ワークで必要なのは、資格ではなく、経験・実績・スキルの3つです。在宅ワークの募集では、実績の提出や経験年数の記載があるので、資格にこだわらなくてよいでしょう。

在宅ワークはどれくらい稼げる?

在宅ワークをするにあたって一番気になるのが、報酬・収入です。ストレスの少ない仕事とはいえ、稼げなければ意味がありません。

在宅ワーク未経験者、スキルがあまりない人でも達成できる報酬について紹介します。

在宅ワークだけで毎月10万円以上稼ぐことも可能

私の経験ですが、在宅ワークを始めて3ヶ月目で月収10万円を達成しました。2019年7月末で以前の職場を退職、同年8月1日から在宅ワークを探しつつ仕事をしています。

  • 2019年8月:8,700円
  • 2019年9月:76,000円
  • 2019年10月:106,000円(月10万達成)

 

スキルほぼ0だったので、ひとつの仕事の単価がものすごく安く、かなり効率の悪い仕事をしていました。効率の悪さを体感した時代も、必要な時間だったと思います。

在宅ワークで毎月10万円を稼ぐコツ求人を探す方法は、以下の記事で紹介しています。

未経験・主婦でも在宅ワークで月10万稼げる!おすすめの職種と求人の探し方

初心者は月5万以上を目指そう

私は独身なので、在宅ワークに割ける時間はたくさんあったこと、たまたまいい仕事に巡り会えたから、3ヶ月で月10万円を達成できました。

子育てをしている方、在宅ワークに割ける時間が少ない人は、まずは月5万円稼ぐことをひとつのゴールにしてみましょう。

月5万円の報酬ならフルタイムで在宅ワークをしなくても、週3日で1日5時間程度働けば達成できるラインです。

在宅ワークはどこで探す?

これから在宅ワークを始める方は「どこで求人が募集されているのかわからない!」という人も多いでしょう。

私が実際に求人を検索して、応募・合格して仕事をした経験のあるサイトを3つ紹介します。

ママワークス

ママワークスは、主婦やママ向けの在宅ワーク求人が掲載されたサイトです。「ママ」というサイト名ですが、独身の人や男性も応募できるのでご安心を!

データ入力、データ作成、テレアポ、フリマ出品、SNS運用代行のように、在宅ワーク未経験でも、パソコンが使える人なら応募できる求人がたくさん揃っています。

まずは一度アクセスして、どのような仕事があるのかチェックしてみてください。

indeed

「仕事探しはインディード♪」のCMで有名なindeedは、在宅ワーク求人もかなり豊富に掲載されています。

私が在宅ワークを始めた当初、indeedで毎日新着の在宅ワーク求人を探し応募していました。Googleアカウントで登録できて、新着求人をメールやLINEでお知らせしてくれるので、登録しておいて損はありません。

クラウドワークス

クラウドワークスとは、働きたい人(ワーカー)と作業をお願いしたい人(クライアント)をつなぐサイトです。

ママワークスやindeedのような求人サイトではなく、仲介サイトなので仲介手数料などが差し引かれます。

最初はサイトの利用方法に迷うかもしれませんが、データ入力など簡単なお仕事を一通りやってみれば、サイトの使い方が掴めるはずです。

【在宅ワーク】クラウドワークスのデータ入力ってどんな仕事?

在宅ワークで新しい時代の働き方を考えてみよう

新型コロナの影響で、テレワークや在宅ワークの普及のスピードが高まりました。周囲に在宅ワークをしている人はあまりいなくても、意外にも在宅ワークをしている人口は増えているんです。

これから自分のため、家族のために、自宅で仕事ができるように、今この瞬間から知識やスキルを身につけませんか?